当blogには、 「内容に触れた感想を垂れ流す」という意味でのネタバレ満載です。
ネタバレが嫌いな方は、当blogはスルーして下さい。
(※予告・注意書きなくネタバレしている記事もあります)
初めての方は、お手数ですが「このblogについて」をご一読くださいm(_ _)m
特定の記事宛ではない内容のコメントをしたい時など、何処に書いて良いか迷う場合は、雑談コメント用の記事をご利用ください^^
ブロとも登録には当blog独自の条件があります。希望される方は「ブロともについて」をよく読んでから申請いただきますようお願いします。
volシンデレラ:『月に魅せられて』感想
<< prev(new)
* 弾丸キス:EMIQ版 プロローグ
next(old) >>
※これは予約投稿された雑談です (2015.10.2)
OKKO Sweet Romance
『恋人たちのプロポーズ ~イタズラなキスは幸せの鍵~』
恋鍵:アプリアイコン私は、かれぺっと版・GooglePlayネイティブアプリ版(当blog略称:ggpl版) 併用でPlay中
※当blog独自の略称ですが「恋鍵」と呼んでいます → 由来はこちら


三井圭太 本編 を TrueEnd でクリアしました。
恋鍵:三井clear

某ブロともさんの攻略情報を頼りに(非公開でやってらっしゃるのでリンクは貼りませんが、ありがとうございました! m(_ _)m
分岐はすべてPremium通過でスチルもしっかり見て、
エピローグガチャは回さないのでTrueEndへ。

いやー…途中何度か近況報告で愚痴ってましたけれど
ムカつき過ぎて疲れました

「攻略対象の彼は素敵なんだけれど、主人公が酷い」
の中でも、特に落差が激しいパターンだったように思います。

主人公があまりに酷すぎて、何度、読みすすめるのが嫌になったことか。
なんなんですか、この女...。

読むまでは
「“元カレ”(昔なじみ)設定が苦手だから、どうかなー」という心配をしていたのですけれども、
それ以前の問題でした。

ホント恋鍵ヒロインって好きになれない。
っていうか大嫌い!! (´△`;)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

三井本編クリア後のかれぺ版では、瀬尾さんを選択し、数値貯め&ガチャを始めました。

ggpl版で選択中の尊くんは、
未だにガチャが全部揃わないんですけれども、多分TrueEndクリアを狙う分には支障ないくらいの底上げはされていると思うので、
次に集めイベント来たらスタートしようと思います。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

さて。
本編の感想を語りますが、ただひたすらケチ付けて愚痴って毒吐いてるだけですので、
マイナス意見や批判を目にしたくない方は、この先は読まずにスルーしてください。
よろしくお願いします m(_ _)m

以下、レポではなく ただの感想ですが、本編の内容について触れておりますので、これからプレーする予定の方・ネタバレが嫌いな方は、この先はスルーして下さい











誓キスの彰斗さん登場時にも似たようなこと語りましたけれど、私 幼馴染み設定って苦手なんですよ。
圭太さんの場合は、幼馴染みじゃなく元彼だけど、苦手要因は同じことで、
お互いの「あなたのことはわかってる」アピール的なものと、思い出語りが、
今現在を見つめていない印象を受けて、嫌なんですよね。

でも、このルートは そんなことが消し飛ぶくらい、
ひたすら主人公が感じ悪いです。

当事者たちに一言の相談も無しに一人でグジグジ悩んで、
人の話は最後まで聞かずに勝手な状況判断をし、
自分の気持ちや考えはだんまりで相手にロクに伝えず、
独りよがりな結論出して、一人で勝手に突っ走って、

そのくせ一人で勝手に悲劇のヒロインぶる

って言う、ハタ迷惑なタイプ。
友達になりたくない…ってうか、身近に居たら極力距離置くわ、私なら (´△`;)


この主人公にムカつき過ぎて、読み進めるのが苦痛で、苦痛で…
途中までは、感想記事を書く時用にツッコミどころをメモしてたんですけれども、
どこもかしこも「主人公ムカつく、なにこれ」ばかりで、
途中でメモするの止めました。

 +-+-+-+-+

ただ、その分相手の良さは引き立つので、
圭太さん自身については、イベントだけで見ていた時よりもイメージアップ。
このダメ主人公を上手に包んだり支えたり、なかなか素敵な人でした。

 +-+-+-+-+

あと、内田くんがっ。
このルートでは大活躍ですね!!
イベントや他ルートでは ダメっ子後輩役が多いですが、こんな素敵な人だったとは。

なかなかカッコいいし、すごくいい人。
察しもいいし、機転もきくし、普通に本編で主役張れそうな素敵っぷりを発揮してましたよ?
何度も惚れそうになりました。

「番外編」扱いの販売シナリオしかないのが可哀想…



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

これまでのイベントで何度となく疑問を口にしてきましたが、
やっぱり三井ルートカップルは「高校時代に付き合ってた」という設定がしっくりこないですね。
もう少し大人になってからの交際だと解釈した方が、色々なエピソードが自然。

終盤の登場人物のセリフから、
プロローグでは疑問視していた大学も通っていたことが確定するんですが、
それでどうして、交際は高校時代の設定なんでしょう?

…って思ったらね。


その交際ってのが

 超~~~~~ くだらない理由で破局してました (´△`;)

このくだらなさは、高校生ならではかもしれない、うん。

人によって解釈は異なるかもしれませんが
 &
シナリオとしては一応、ゆり子さん(ライバル役)が悪いことにしてますが、

私から見ると、
相手の話をちゃんと聞いていれば解決出来たことを、人の話に耳をふさいで勝手に突っ走った主人公が原因。

っていうか、
プロローグでいろいろ匂わせといて、当時の破局には家は関係ないんかい!! ( ̄△ ̄;

私は、プロローグから、
交際当時に この本編のようなドロドロがあって、当人たちの意志に反して別れさせられたのだけれど、
別れを切り出す側は その事情(裏で脅しがあった等)を相手に告げることは出来なかったので、
結果、互いに相手を恨んでた…
というような深ーい事情(?)を想像していたのに、

普通のカップルの交際が、勘違いで破局しただけの、なんとも平凡な別れでしたよ。
彼氏が他の女とデートをしている(ように見えた)のを、1回目撃しただけで、
相手の事情も聞かずに別れを告げて終了

いやいやいや、それであのプロローグは大袈裟じゃないのー?w;

 +-+-+-+-+

それに本編の方も、
さも重大な事情があるように引っ張った割には、わかってみると、何ともしょーも無いすれ違いで…

いや、まぁ、
当事者にすればしょーも無くはないですけれど。
でも、一番大変だったはずの 主人公のお父さんはサバサバと明るい表情・穏やかな態度でしたしねぇ。

三井父がビビりすぎの逆切れしたせいで コトが大きくなった感じ?
もっと早く話し合っといてよ。
おとん、頼むわ… (´△`;)


それと、当時の事件、
主人公父が有罪判決くらってるようですし、かなりのオオゴトですよね。
当時の主人公家は大変な騒ぎだったはずですよ。
物心つく前ならともかく、
幼い頃に圭太と引き合わせられて遊んでた記憶はあって、事件はその後でしょう?
主人公、そこそこ大きくなってますよね。

ホントに何も覚えてない&この歳まで知らなかったの? という点は激しく疑問。

 +-+-+-+-+

trueエンドは、なんともまぁ主人公に都合の良い…

圭太さんと「夢をかなえるまで」と約束した際には
この子が夢を実現させるの一体何年後だろう?数年では済まないのでは…と思いましたが、2年後に何とかしてました。
そこは意外に早かったんですが

でも、その夢の挙式シーンで「まだまだやり残したことたくさん、仕事続ける気満々」って雰囲気だったし、
来てくれた圭太さんにも、「これで仕事を辞める」とは明言してないんですよね。

「答えは決まってる」と言いながらも、
結局この後「政治家の妻」になる事にはやっぱり躊躇して、
「まだ仕事はやり残したことも気がかりなことも新たな目標もあるから辞めたくないし…」とかナンとかズルズル長引きそうだなー。

という、モヤッとした印象で終わりました。
スッキリしない… (´△`;)




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

以下、あまり本筋には関係ないネタをチマチマと。



ちなみさん(圭太姉)は、
学生時代からの恋人と恋愛結婚なんですね。
プロローグで、お相手さんが来れなくて弟同伴で挙式の相談に来ていたから、てっきり、愛の無い政略結婚なんだと思っていました。



4章で、
川に落ちたのを助けた後、着替えを圭太がやったと知って、主人公が恥ずかしがったら
「別に今更だろ」
って言われるんですが…。

高校時代に、
裸を見るのを「今更だろ」って言えちゃうほど 何度もそういうことをイタシてたってことですか…?

イマドキはそういうカップルもいるかもしれませんが、この二人の高校時代にそういう交際って何だかしっくりこないですよね。
やっぱり、大学時代カップルだった設定として読みたいなぁ (´へ`;



「二人が出会った頃は、主人公の父は政界にいた。その後引退してペンション経営を...」という話が出てくるのですが、疑問が2点。

一つは、先ほど語った通り
 主人公、なんで覚えてないの?

それと、この流れからすると
主人公にとって「生まれ育った家」=ペンションな訳じゃないってことですよね。

それで何で、買収にあんな深刻な顔して大騒ぎしてたのーーー?!
詐欺にあって取り上げられるとかではなく、正当な額で買い取られるのでしょう?
その上、当事者は「また他に移ってやればいいし」と飄々としてるのに、
その子供が「生まれながらの実家」でもないところが買収されることに、そこまで深刻になって大騒ぎ…します?
当人が穏やかに受け入れて前向きでいるなら、別に良くない?

私自身が「実家の場所」に深い拘りが無いせいでしょうか、
どうも理解出来ない心理です…。



終盤
ゆり子さんが、「政治家の妻 に相応しい」として圭太さんの嫁候補になるのはいいんですが、
学生時代からの元々の知り合いが、わざわざ強引なセッティングをされてまで「お見合い」をするのは何故なのでしょう??

周囲の流れで強引に「婚約」や「家族が同席しての顔合わせ挨拶」(結納?)をするのならわかるんですが、あくまで強行されているのは「お見合い」。
当人だけでなくTV報道まで「お見合い」と連呼してるし…。

そのくせ「お見合い」=「婚約」な扱いで話が進んでいるのが意味不明で。

コレは、ライターさんが結婚関係用語の勘違いをしてるパターンですか?? (´△`;)



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

まとめると
とにかく主人公に腹が立った
 &
内田くんがカッコ良かった
ルートでした (;´▽`A``




** 新規に始めたい方用 恋鍵ダウンロードリンク**
恋鍵 単独アプリ
SNS
かれぺっと
複数の恋愛ゲームが一つのアプリ内で楽しる乙女ゲーポータルアプリ。恋鍵もその中の一つとして配信されています。
ご自分の環境にあったリンクへ飛んで下さい
※公式サイトに載っていない分は検索で勝手に調べただけなので誤りや漏れがあるかもしれません

 にほんブログ村 ゲームブログ 恋愛ゲームへ
ranking参加中。ポチッと応援お願いします☆
※ブロとも登録には当blog独自の条件があります。希望される方は「ブロともについて」をよく読んでから申請いただきますようお願いします。
同カテゴリの記事
2015.10.08(Thu) 16:00 |   └ okko 恋鍵  |  Comment(0)  |  TB(0) |
volシンデレラ:『月に魅せられて』感想
<< prev(new)
* 弾丸キス:EMIQ版 プロローグ
next(old) >>
存在しない記事です。
(予約投稿記事のため まだ表示出来ない という場合もあります)
+--- コメント ---+

コメントの投稿

特定の記事宛ではない内容のコメントをしたい時など、何処に書いて良いか迷う場合は、雑談コメント用の記事をご利用ください^^
※欄は入力必須です
(※)
← 出来るだけ入力をお願いします。
(※)

 (公開は自己責任で)
(※)
 
 ← 内容を秘密にする場合はチェック

※管理人の承認後に内容が表示されます (即時反映はされません)

Trackback

一般:http://sugarplz.blog.fc2.com/tb.php/1288-08864a86
FC2ブログユーザ:この記事にトラックバックする
 

Arcive


↑見たい年をクリックすると展開します

Link

+ My blogs +
  • ぼな日記
    (乙女ゲー以外の記事はこちらに)
+ My Favorites + (個人)
    個人で運営されているblogさんへのリンクは、管理の都合で一時外し中です。
    こちらから申し込んでリンクを張らせていただいていたのに勝手してすみません m(_ _)m

Twitter

Mail

*印の項目は入力必須です

※宣伝はお断り※
出来るだけお返事を返すようにはいたしますが、 都合により、記事へのコメントなどで返信する場合や、返信が出来ない場合もあることをご了承下さい。
 

blog内検索

(チェック無だとand検索です)

About me

*ボナ*

Author:*ボナ*
正式な(?)普通のblogは別で持っているし、そちらに結構何でもアリでぶっちゃけているのですが、
乙女ゲー関連のことはどうも書きにくいので、
限定公開の範囲も別物だし...と、別にblog作ってみました。

コメント等で構って下さる方大歓迎ですヽ(´▽`)/

プレイ中アプリなどの一覧はこちらの記事にまとめてあります

ブロとも申請

申請をする前に、当blogの「ブロともについて」をご一読下さいますようお願いいたします
ブロともについての注意書き記事を読まずに送られて来たと思われる、当blogのルールに則らない申請は 申し訳ないのですが 全て削除スルーさせていただいております m(_ _)m

Trackback

記事Ranking


Blog村


にほんブログ村 ゲームブログ 恋愛ゲームへ
ranking参加中
お気に召したらポチッとな☆
copyright ©2017 砂糖を下さい all rights reserved. (since 2014/2)