当blogには、 「内容に触れた感想を垂れ流す」という意味でのネタバレ満載です。
ネタバレが嫌いな方は、当blogはスルーして下さい。
(※予告・注意書きなくネタバレしている記事もあります)
初めての方は、お手数ですが「このblogについて」をご一読くださいm(_ _)m
特定の記事宛ではない内容のコメントをしたい時など、何処に書いて良いか迷う場合は、雑談コメント用の記事をご利用ください^^
ブロとも登録には当blog独自の条件があります。希望される方は「ブロともについて」をよく読んでから申請いただきますようお願いします。
スプラブ:Hour10月感想
<< prev(new)
密着取材:(t) ミニカレ っ!( ̄△ ̄*
next(old) >>
※これは予約投稿された雑談です (2015.10.12)
OKKO Sweet Romance
『恋人たちのプロポーズ ~イタズラなキスは幸せの鍵~』
恋鍵:アプリアイコン私は、かれぺっと版・GooglePlayネイティブアプリ版(当blog略称:ggpl版) 併用でPlay中
※当blog独自の略称ですが「恋鍵」と呼んでいます → 由来はこちら

シナリオイベント
『恋するアンドロイド』
恋鍵:アンドロイド
2015.9.25 17:00~10.6 15:00
Start~  藤堂・佐倉
9/28 17:00~ 月島三井コース
10/1 17:00~ 時任佐倉コース

※Endは『GoodEnd』1種類のみ。

途中分岐もエンド分岐も無い一本道で、アバターMissionもなく、イベント数値のみ。
記録しやすくて助かった~!!

そして、内容も良かった!
実は、
「恋鍵はもう本編だけ読み切って止めよう…」と思い始めていたんですが、
このイベの某ルートが大当たり過ぎて引き戻されました。
SFとしては色々設定に無理があったけれど(笑)、このシナリオは良かった!!

 +-+-+-+-+

けど、Mission値はキツかったです… (つд`)

一周目の最終Missionで6,000だったので、
いつもの感覚で行くと2周目以降は7,000 ~ 7,500加算くらいかな?と当たりをつけて、少し余裕をもって稼いでから2ルート目に進んだのに、

2ルート目以降は1ルート 9,000加算 orz

2分岐&2エンドを周ることを思えば、1人あたりの必要値は少なくて済んでると言えますけれども…
ちょっと跳ね上がり過ぎて面食らいました (;´▽`A``

 +-+-+-+-+

というわけで、なかなか厳しかったので1アプリ内でのコンプは無理でしたが
2プリ併用で全ルート読みました。

「画面の変わるタブレット」に惹かれて、スタートから2日は頑張ったんですが、
貰ってみたら、
OKKOアプリの広告が表示されるだけだったYO! ( ̄ω ̄;)

小さく、ネタバレにならない程度に、
「恋鍵名シーン集」みたいのが表示されるのを期待したのに~


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

では、感想をだらだらと。
以下、レポではなく ただの感想ですが、イベントシナリオ内容に触れておりますので、
ネタバレが嫌いな方は、この先はスルーして下さい









主人公はいつも安定の馬鹿っぷり
殆どのルートは、
身に覚えのない大型荷物なのに、宛先・送り主を確かめもせずにいきなり開梱って、迂闊すぎるでしょ。
詐欺商法に簡単に騙されるタイプだね…

こんな大きい荷物、
身に覚えもないのに、何処から届いた何なのかを確認せずに開けるとか、アリエネー (´△`;)



あと、全般的に「文系発想の人が書いたシナリオだなー」という印象。
いや、まぁ、
「乙女なシナリオを書く」という仕事は正に思いっきり文系なお仕事なので、必然的にそうなっちゃうでしょうけれど (;´▽`A``

SFの設定が、何となくイマイチ中途半端に感じました。






藤堂
電源を落としたらデータリセットって設定に「それは無いだろーw」と声に出してツッコミ入れちゃいました。

自動で定期的にセーブするでしょ。
リセットは別ボタン・別コマンドでしょ。

電源切ったらアウトじゃメンテナンスも出来ないじゃないですか。
未来のハイテク機器でそれは無いわーw

でも
このストーリーは、可愛いやら、切ないやらでキュンキュン来ますねー。
昔「To Heart」(By Leaf)という男性向けゲームで似たような設定を見たような気がしないでもないですが(マルチルート)
…でもこれは良い!

こんなピュアな藤堂さん見たら、惚れてしまうわー!! (〃ノノ)




瀬尾
冒頭でGPSチップで配達・受取確認が出来る云々とありましたが、
そんな機能があるなら、まず「住所は似てるけれど離れたところにいる別名の別人」の荷物が誤配されることはないと思うんですよね。
住所似てても、システムが正しい場所へ案内するでしょ?

それと、当人の自己紹介から察するに、彼はモザイク方面にに特化したアンドロイドさん…なんですよね。
これ、元の買い主、恥ずかしくて名乗り上げづらくないです? (;´▽`A``

ラストは…
ここまで稼働させちゃったものを返されても元の買い主も困るだろうし、主人公が新品を買い直して弁償が妥当でしょうね~。
でも、高そう。
主人公が払えるような額なのかしら (;^_^A




 +-+-+-+-+

途中追加の2人は、どちらも生身のオリジナルがリアルに実在する設定。


月島
こーれーはー!!!
憧れの芸能人の等身大フィギュア…ならぬ、本物そっくりアンドロイド

うちに届いたら、興奮のあまり 向こう三軒両隣まで聞こえてしまう勢いで絶叫してしまいそうだわ。
(そして通報される?!)

しかも、キスで目覚める王子様…
冒頭部分だけで、想像して萌え転がりました (≧m≦*)こりゃタマラン

ただ、名前教える前に1回名前で呼ばれちゃってます。
送り先の名前を予めインプットして来たのかと思ったら、直後に「名前教えてよ」って言ってるんですよ。
シナリオちゃんとチェックしてー (´△`;)

それと、
「水濡れ厳禁」って、ちょっと無茶設定な気がしないでもなく。
でも、この設定のおかげで
芸能人そっくりだから、街を連れ歩けたらヤバイ...という部分をクリアしている面もあるので、アリなのかも。

…って思いながら読んでたら、
勝手に家を出て会社の傍まで迎えに来てるし。
外に出ちゃうんかい!(雨降ったらどうするのよ!!)

エンド前には雨の中を外に出てっちゃってるし。

尊ドロイド、持ち主の許可なく外出ちゃダメー!
っていうか、彼は実は不良品?
一緒にお風呂にも入りたがってたらしいし、自分の弱点わかってないっぽくないですか?

雨の中出ていった理由に、藤堂ルートのスイッチオフのような 自分の弱点をわざわざ突く必然性もあまり感じられなかったし、
水濡れに弱い自覚がないままフラフラと行動してしまった…という印象を受けました。

当人に自覚があったことも描いておけば、
流れによっては、もっと切ないキュンキュンなラブストーリーになってたと思うのに。

設定は良かったのに活かしきれてないシナリオな感じで、勿体無かったなと。




三井
実在した圭太さんにそっくりなアンドロイドが届くんですが、
圭太さん@リアルは、それ以前に交通事故で逝っちゃってました ( ̄ω ̄;)

 ♪あなた~ 夢のように 死んでしまったの~(古)

ラストもハッピーではない終わり方で、なんだか寂しいですよね。

圭太さんの遺言で送られてきたのならば、
「期限付きで一時的に戻ってきただけだ」ということを最初に明かしておいてくれないと、
主人公側の「彼と一緒にこれがしたかった」という心残りの消化をすることが出来ないし、
心の準備の出来ないまま突然去られることの繰り返しになって、返って悲しみが深まると思うんですけれど、何故別れの直前までそれを伏せていたんでしょう。
せっかくの彼の心遣いが無駄になってませんか。

何だか残酷なエンドだと思いました。




 +-+-+-+-+

最終配信の二人


時任
今現在、こんな荷物が届いたなら主人公のパニックぶりも理解出来ますが、
一般人も購入出来るレベルまで 人間そっくりの精巧なアンドロイド が普及しているという世界設定で、この反応はおかしいでしょう。
パッと見で「死体?!」と思うならともかく、
最初は寝てると思って、でも起きない・動かない…という流れから考えつくこととなると
「生身の死体」が送られてきた、という発想よりも、「これってもしや最近流行りの…」という風に頭に浮かぶ方が自然じゃないですか?

交通事故シーンのアンドロイド時任、怪力過ぎw
1番 機械っぽいルートだったかな。

ストーカー女は、
女の怒りは女に向く」の典型女でしたねぇ。
現実でも居そう。

しかし、
嫌がらせ行為を続けた挙句に、故意によるアンドロイドデータ破壊ですし、
これは きっと 出るとこ出て訴えれば勝てますよね。
修理代(きっとかなり高額でしょう?)請求してやるといいよ!(笑)




佐倉
佐倉さんは、今回の配信ルート中で1番の容姿端麗な設定の模様。
容姿の美麗さを妙に強調されていました。

が、このルートも、差出人確認せずに開封して、死体と勘違いしてます。
おいおい…
普通、身に覚えのない大きな荷物が届いたら、どこからの何なのか、開ける前に送り状確認しません?
一般乙女達は、届いたらとりあえず開けてから考えるの?
考え無し&不用心過ぎるでしょ… (´△`;)

そして、
かなりお高いとはいえ、
妹ちゃんが購入出来るような価格で普及している世界でなら、
「動かない箱入りの人間」を見た時には、死体を疑うよりもアンドロイドかと思うほうが自然でしょう。
主人公、どれだけ情弱なのかと…

途中、内田くんがどうして見破れたのかと思ったら、悲しい過去が。
彼の経験談はかなり切ない (つд`)
そこまでは、安易に「我が家にも佐倉ドロイド欲しい… (〃ノノ)」などと思ってましたが、修理不能の故障で終わる日が来ると思うと、確かに怖いですね。

主人公も、そう思って
彼に終わりを告げたのでしょうけれど、

それを受けて今すぐ去られると知ったら動揺するって、どんだけ薄い決意なの (´△`;)
なんとも安易な思考の子だこと…。
一緒にいられないと決意したなら、佐倉さんが出てくか今すぐ停止させるかしかないじゃん。

それともなに?
恋人にはならないけれど、そのまま仲良く同居するつもりでいた?
それは無理よねー。

一旦、そんな浅はかさを見せられているだけに、
エンドの主人公は、
その辺の考慮もそこそこに、大した覚悟ではなく、目先の寂しさに負けて勢いでとりあえず引き止めただけに見えたなー。

きっと、数か月後にまた同じこと繰り返しますよ、この子。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

あちこちケチはつけちゃいましたが、
今回のこのイベントは とても面白かったです。

おかげで、もう少し恋鍵 続けていこうって思えました ( ̄m ̄



** 新規に始めたい方用 恋鍵ダウンロードリンク**
恋鍵 単独アプリ
SNS
かれぺっと
複数の恋愛ゲームが一つのアプリ内で楽しる乙女ゲーポータルアプリ。恋鍵もその中の一つとして配信されています。
ご自分の環境にあったリンクへ飛んで下さい
※公式サイトに載っていない分は検索で勝手に調べただけなので誤りや漏れがあるかもしれません

 にほんブログ村 ゲームブログ 恋愛ゲームへ
ranking参加中。ポチッと応援お願いします☆
※ブロとも登録には当blog独自の条件があります。希望される方は「ブロともについて」をよく読んでから申請いただきますようお願いします。
同カテゴリの記事
2015.10.16(Fri) 16:00 |   └ okko 恋鍵  |  Comment(0)  |  TB(0) |
スプラブ:Hour10月感想
<< prev(new)
密着取材:(t) ミニカレ っ!( ̄△ ̄*
next(old) >>
存在しない記事です。
(予約投稿記事のため まだ表示出来ない という場合もあります)
+--- コメント ---+

コメントの投稿

特定の記事宛ではない内容のコメントをしたい時など、何処に書いて良いか迷う場合は、雑談コメント用の記事をご利用ください^^
※欄は入力必須です
(※)
← 出来るだけ入力をお願いします。
(※)

 (公開は自己責任で)
(※)
 
 ← 内容を秘密にする場合はチェック

※管理人の承認後に内容が表示されます (即時反映はされません)

Trackback

一般:http://sugarplz.blog.fc2.com/tb.php/1305-90509ef4
FC2ブログユーザ:この記事にトラックバックする
 

Arcive


↑見たい年をクリックすると展開します

Link

+ My blogs +
  • ぼな日記
    (乙女ゲー以外の記事はこちらに)
+ My Favorites + (個人)
    個人で運営されているblogさんへのリンクは、管理の都合で一時外し中です。
    こちらから申し込んでリンクを張らせていただいていたのに勝手してすみません m(_ _)m

Twitter

Mail

*印の項目は入力必須です

※宣伝はお断り※
出来るだけお返事を返すようにはいたしますが、 都合により、記事へのコメントなどで返信する場合や、返信が出来ない場合もあることをご了承下さい。
 

blog内検索

(チェック無だとand検索です)

About me

*ボナ*

Author:*ボナ*
正式な(?)普通のblogは別で持っているし、そちらに結構何でもアリでぶっちゃけているのですが、
乙女ゲー関連のことはどうも書きにくいので、
限定公開の範囲も別物だし...と、別にblog作ってみました。

コメント等で構って下さる方大歓迎ですヽ(´▽`)/

プレイ中アプリなどの一覧はこちらの記事にまとめてあります

ブロとも申請

申請をする前に、当blogの「ブロともについて」をご一読下さいますようお願いいたします
ブロともについての注意書き記事を読まずに送られて来たと思われる、当blogのルールに則らない申請は 申し訳ないのですが 全て削除スルーさせていただいております m(_ _)m

Trackback

記事Ranking


Blog村


にほんブログ村 ゲームブログ 恋愛ゲームへ
ranking参加中
お気に召したらポチッとな☆
copyright ©2017 砂糖を下さい all rights reserved. (since 2014/2)